西尾市吉良町: 金蓮寺

  愛知県:歴史・観光・見所西尾市吉良町・観光>金蓮寺
愛知県・名所・見所
 ・ 大須観音
 ・ 興正寺
 ・ 建中寺
 ・ 日泰寺
 ・ 熱田神宮
 ・ 名古屋城
 ・ 甚目寺
 ・ 清洲城
 ・ 知立神社
 ・ 津島神社
 ・ 実相寺
 ・ 豊川稲荷
 ・ 財賀寺
 ・ 砥鹿神社
 ・ 犬山城
 ・ 如庵
 ・ 岡崎城
 ・ 伊賀八幡宮
 ・ 六所神社
 ・ 滝山東照宮
 ・ 滝山寺
 ・ 大樹寺
 ・ 真福寺
 ・ 真清田神社
 ・ 香嵐渓
 ・ 猿投神社
 ・ 王滝渓谷
 ・ 鳳来寺
 ・ 鳳来山東照宮
 ・ 長篠城
 ・ 金蓮寺
 ・ 華蔵寺
 ・ 伊良湖岬
 ・ 尾張大国霊神社
 ・ 桶狭間古戦場
 ・ 本光寺
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
金蓮寺・歴史・観光・見所
金蓮寺概要: 金蓮寺の創建は文治2年(1186)、源頼朝の命で当時の三河守護職安達盛長が現在地に阿弥陀堂を建立したのが始まりとされます。暦応3年(1340)、足利尊氏が尾張の青龍坊をこの地に移し寺号を金蓮寺に改称し真言宗に改宗、寺領3町3反を寄進しています。その後、領主となった饗庭妙鶴丸(足利尊氏側近)や吉良氏が庇護し、寛政11年(1799)に希外透聞を招いて曹洞宗に改宗し中興開山しています。現在の阿弥陀堂は文治2年に建てられたと伝えられる建物で(建築様式としては鎌倉時代中期)、一重寄棟、桧皮葺、桁行3間、梁間3間、正面1間通り庇、左側後部2間庇、内部には高欄付須弥壇を設け、阿弥陀三尊像が安置されています。金蓮寺阿弥陀堂は愛知県最古の木造建築物で、平安時代の阿弥陀建築を世襲する極めて貴重なことから大正9年に国宝に指定されています。
  スポンサーリンク
 

金蓮寺の文化財
 ・ 金蓮寺阿弥陀堂−文治2年(建築的には鎌倉時代中期)−国宝
 ・ 木造阿弥陀如来及び両脇侍像−鎌倉時代−愛知県指定文化財
 ・ 写経大般若経 −室町時代−西尾市指定文化財

金蓮寺
金蓮寺
[ 付近地図: 愛知県西尾市吉良町 ]・[ 西尾市吉良町:歴史・観光・見所 ]
金蓮寺 金蓮寺 金蓮寺 金蓮寺
金蓮寺 金蓮寺 金蓮寺 金蓮寺
金蓮寺 金蓮寺 金蓮寺 金蓮寺
住宅設計

 愛知県観光・旅行見所ナビ:
名古屋市あま市刈谷市江南市清州市知立市北名古屋市津島市蟹江町西尾市豊川市豊橋市犬山市岡崎市一宮市足助町豊田市
蒲郡市新城市西尾市吉良町田原市
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県:歴史・観光・見所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。