江南市・歴史・観光・見所

  愛知県:歴史・観光・見所>江南市
愛知県・名所・見所
 ・ 大須観音
 ・ 興正寺
 ・ 建中寺
 ・ 日泰寺
 ・ 熱田神宮
 ・ 名古屋城
 ・ 甚目寺
 ・ 清洲城
 ・ 知立神社
 ・ 津島神社
 ・ 実相寺
 ・ 豊川稲荷
 ・ 犬山城
 ・ 如庵
 ・ 岡崎城
 ・ 真福寺
 ・ 真清田神社
 ・ 香嵐渓
 ・ 猿投神社
 ・ 鳳来寺
 ・ 長篠城
 ・ 金蓮寺
 ・ 華蔵寺
 ・ 伊良湖岬
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
江南市・歴史・観光・見所
江南市概要: 江南市は古くから開けていた地域で5世紀末には富士塚古墳(前方後円墳:全長約30m、高さ約6.5m)、5世紀末から6世紀には二子山古墳(前方後円墳:全長約60m、高さ約7.0m)が築造され当時から有力な豪族が支配していたことが分かります。応仁の乱後は現在の奈良県生駒市から移り住んだ生駒氏が移り住み大きな影響力を持つようになりました。戦国時代に入ると生駒家宗の娘である吉乃が織田信長の側室として嫁ぎ信忠・信雄・五徳(徳姫:見星院)の2男1女を産んだことから重用されるようになり小折城(生駒屋敷)を中心に地位が確立されました。生駒氏は豪商でもあった為、資金の調達や情報収集などでも尽力し小折城では桶狭間の戦いや西美濃侵攻の軍議が行われています。関が原の戦い後は甥に当たる織田信雄に従い、小牧・長久手の戦時にも小折城が大改修され重要視されました。信雄が失脚すると豊臣秀吉に従い、江戸時代には尾張徳川家の家老として4千石が与えられました。一族は名古屋城下に移りましたが、領地としては旧領が安堵され一国一城令後は小折城跡地に陣屋構えの屋敷が設けられました。又、古知野には岩倉街道から分岐した往来街道が通り、物資の集積場として大きく繁栄し享保3年(1718)には六歳市も開かれるなど商業都市として大きくなり、明治時代以降は養蚕による絹織物産業が発達しました。
  スポンサーリンク
 
江南市
江南市:町並み 江南市:町並み 江南市:町並み 江南市:町並み 江南市:町並み
江南市:町並み 江南市:町並み 江南市:町並み 江南市:町並み 江南市:町並み
江南市:観光・見所
音楽寺
音楽寺
音楽寺
宮後八幡
宮後八幡社
宮後八幡社
古知野神社
古知野神社
古知野神社
滝学園本館
滝学園本館
滝学園本館
報光寺
報光寺
報光寺
曼荼羅寺
曼荼羅寺
曼荼羅寺
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 愛知県観光・旅行見所ナビ:
名古屋市あま市刈谷市江南市清州市知立市北名古屋市津島市蟹江町西尾市豊川市豊橋市犬山市岡崎市一宮市足助町豊田市
蒲郡市新城市西尾市吉良町田原市
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県:歴史・観光・見所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。