豊田市・歴史・観光・見所

  愛知県:歴史・観光・見所>豊田市
愛知県・名所・見所
 ・ 大須観音
 ・ 興正寺
 ・ 建中寺
 ・ 日泰寺
 ・ 熱田神宮
 ・ 名古屋城
 ・ 甚目寺
 ・ 清洲城
 ・ 知立神社
 ・ 津島神社
 ・ 実相寺
 ・ 豊川稲荷
 ・ 犬山城
 ・ 如庵
 ・ 岡崎城
 ・ 真福寺
 ・ 真清田神社
 ・ 香嵐渓
 ・ 猿投神社
 ・ 鳳来寺
 ・ 長篠城
 ・ 金蓮寺
 ・ 華蔵寺
 ・ 伊良湖岬
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
豊田市・歴史・観光・見所
豊田市概要: 豊田市は古くから開けていた地域で旧石器時代から弥生時代にかけて数多くの遺跡が点在し当時から生活するにはよい環境だったと思われます。古墳時代に入ると豊田大塚古墳(円墳:直径約30m、高さ3.5m)や池田1号墳(円墳:直径約19m、高さ約3.5m)などが築造され支配階級が存在しました。奈良時代には仏教文化が伝来し舞木廃寺などが創建され、平安時代には八条院の荘園である高橋荘、高橋新荘(後の足助荘)などが成立しています。鎌倉時代に入ると高橋荘に御家人である中条氏、高橋新荘には浦野氏(足助氏)が配され長くこの地域を支配します。特に、建武の新政時に高橋荘の地頭だった中条秀長は尾張守護に抜擢され猿投神社の庇護や如意寺、長興寺を創建するなど大きな影響力を持ちました。16世紀に入ると中条氏が衰退し天文18年(1549)には駿河の今川義元の侵攻により大きく領地が失われ、永禄元年(1558)にも松平元康との戦いに敗れています。永禄4年(1561)には織田信長の侵攻により居城である金谷城は落城し中条氏は没落しています。慶長19年(1614)、三宅康貞が1万石で入封し挙母藩を立藩、元和5年(1619)、2代康信が伊勢亀山藩へ移封になり挙母藩は一時廃藩となります。寛永13年(1636)に3代康盛が再び挙母藩主に復権、しかし、寛文4年(1664)、4代康勝が田原藩愛知県田原市)に移封となり陣屋も廃されます。天和元年(1681)、石川藩から本多忠利が1万石で入封、本多家も城主格でなかった為、陣屋をこの地に構え、寛延2年(1749)に3代忠央が相良藩(静岡県牧之原市)に移封になると安中藩(群馬県安中市)から内藤政苗が入封しました。内藤氏は2万石ながら城主格だった為、本格的な城郭が計画され周囲400間、本丸には3重櫓、二ノ丸には2重櫓の石垣などか建設されますが度重なる水害の為、安永8年(1779)、2代学文はこの地での築城を諦め、高台に七州城を築き藩庁を移します。以来、七州城を中心として藩政が行われ7代>内藤文成で明治維新を迎えています。
  スポンサーリンク
 
豊田市
豊田市:町並み 豊田市:町並み 豊田市:町並み 豊田市:町並み 豊田市:町並み
豊田市:観光・見所
猿投神社
猿投神社
猿投神社
王滝渓谷
王滝渓谷
王滝渓谷
養蚕取締所
旧愛知県蚕業取締所
旧養蚕取締所
三河広瀬駅
旧三河広瀬駅
旧三河広瀬駅
旧西中金駅
旧西中金駅
旧三河西中金駅
高月院
高月院
高月院
桜城
桜城
桜城
産湯井戸
産湯井戸
産湯井戸
寺部城
寺部城
寺部城
七州城
七州城
七州城
守綱寺
守綱寺
守綱寺
松平館
松平館
松平館
松平城
松平城
松平城
松平東照宮
松平東照宮
松平東照宮
長屋門
松本家長屋門
松本家長屋門
長慶寺
長慶寺
長慶寺
洞泉寺
洞泉寺
洞泉寺
如意寺
如意寺
如意寺
妙昌寺
妙昌寺
妙昌寺
又日亭
又日亭
又日亭
六所神社
六所神社
六所神社
六所舞台
六所神社舞台
六所神社舞台
 
白
 
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 愛知県観光・旅行見所ナビ:
名古屋市あま市刈谷市江南市清州市知立市北名古屋市津島市蟹江町西尾市豊川市豊橋市犬山市岡崎市一宮市足助町豊田市
蒲郡市新城市西尾市吉良町田原市
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「豊田市」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。