清須市・歴史・観光・見所

  愛知県:歴史・観光・見所>清須市
愛知県・名所・見所
 ・ 大須観音
 ・ 興正寺
 ・ 建中寺
 ・ 日泰寺
 ・ 熱田神宮
 ・ 名古屋城
 ・ 甚目寺
 ・ 清洲城
 ・ 知立神社
 ・ 津島神社
 ・ 実相寺
 ・ 豊川稲荷
 ・ 犬山城
 ・ 如庵
 ・ 岡崎城
 ・ 真福寺
 ・ 真清田神社
 ・ 香嵐渓
 ・ 猿投神社
 ・ 鳳来寺
 ・ 長篠城
 ・ 金蓮寺
 ・ 華蔵寺
 ・ 伊良湖岬
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
清須市・歴史・観光・見所
清須市概要: 清須市は古くから開けていた地域で朝日遺跡は推定面積80万uにも及ぶ弥生時代の東海地方最大級の環濠集落遺跡として知られ国指定史跡に指定されています。室町時代に入ると尾張国の中心として重要視されるようになり応永7年(1400)には当時の尾張守護である斯波義重が下津城に守護所を移しています。文明8年(1476)、尾張守護代織田家の内部分裂により下津城が落城し守護所が清洲城に移され以後、清洲城が尾張の中心として発展します。弘治元年(1555)、当時の守護代織田信友は織田信長に組した織田信光によって殺害されると永禄6年(1563)に信長が小牧山城に移るまで信長の居城となり、信長が岐阜城(岐阜県岐阜市)に移ると清洲城は嫡男信忠に与えられます。天正10年(1582)、本能寺の変で信長、信忠共に討たれると、清洲城で俗に言う清洲会議が行われ、清洲城は信長の次男織田信雄の持城となりました。天正14年(1586)、信雄は豊臣秀吉に対抗する為、清洲城を大改修し三重の堀に大天守、小天守を備えた大城郭を築きますが天正18年(1590)、東海地方への移封を断った為、那須烏山城(栃木県那須烏山市)に移されます。その後、豊臣秀次、福島正則の居城となり、慶長5年(1600)の関が原の戦い後は松平忠吉が52万石で入封し清洲藩を立藩します。慶長12年(1607)、忠吉が関が原の戦いの傷が元で死去すると徳川義直(徳川家康5男)が入封しますが慶長14年(1609)、徳川家康の命で新たに名古屋城が築かれる事となり慶長18年(1613)に清洲城は廃城となり、城下町にあった主要の神社や寺院、商家などが名古屋城下に移されます。その後は中山道と名古屋城下、東海道を結ぶ美濃路の宿場町(清洲宿)として発展し、慶長16年(1611)には青物市が発足、枇杷島市場として流通経済の中心地となりました。
  スポンサーリンク
 
清須市
清須市:町並み 清須市:町並み 清須市:町並み 清須市:町並み 清須市:町並み
清須市:町並み 清須市:町並み 清須市:町並み 清須市:町並み 清須市:町並み
清須市:観光・見所
高照寺
高照寺
高照寺
神明社
土器野神明社
土器野神明社
正覚寺
正覚寺
正覚寺
清洲城
清洲城
清洲城
清涼寺
清涼寺
清涼寺
総見院
総見院
総見院
長谷院
長谷院
長谷院
日吉神社
清洲山王宮日吉神社
清洲日吉神社
問屋資料館
問屋資料館
問屋資料館
麦
柴田家住宅
柴田家住宅
柴田家住宅
一里塚
一里塚
外町一里塚道標
一里塚跡
須ケ口一里塚跡
須ケ口一里塚跡
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 愛知県観光・旅行見所ナビ:
名古屋市あま市刈谷市江南市清州市知立市北名古屋市津島市蟹江町西尾市豊川市豊橋市犬山市岡崎市一宮市足助町豊田市
蒲郡市新城市西尾市吉良町田原市
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県:歴史・観光・見所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。