名古屋城

  愛知県:歴史・観光・見所名古屋市>名古屋城
愛知県・名所・見所
 ・ 大須観音
 ・ 興正寺
 ・ 建中寺
 ・ 日泰寺
 ・ 熱田神宮
 ・ 名古屋城
 ・ 甚目寺
 ・ 清洲城
 ・ 知立神社
 ・ 津島神社
 ・ 実相寺
 ・ 豊川稲荷
 ・ 犬山城
 ・ 如庵
 ・ 岡崎城
 ・ 真福寺
 ・ 真清田神社
 ・ 香嵐渓
 ・ 猿投神社
 ・ 鳳来寺
 ・ 長篠城
 ・ 金蓮寺
 ・ 華蔵寺
 ・ 伊良湖岬
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
名古屋城・歴史・観光・見所
名古屋城概要: 名古屋城の前身である那古野城の築城は大永年間(1521〜28)、今川氏豊によって築かれたのが始まりとされます。当時の今川氏は尾張南部を制圧し、織田領との最前線となる当地が重要視されました。天文元年(1532)、織田信秀が那古野城を強襲し奪い取ると、当城を居城として尾張統一を目指します。天文4年(1535)信秀はさらに最前線の古渡城を築き居城を移すと嫡男である織田信長に那古野城を与えます。しかし、信長は弘治元年(1555)に居城を清洲城に移した為、那古野城は弘治3年(1557)以後に廃城となります。慶長12年(1607)、徳川義直が清洲城に入ると、清洲城は水害が多く、西国の豊臣家や豊臣恩顧の大名を睨むには規模が小さい、外様大名の財力に負荷を与えるなどの理由から新たに名古屋城を築く計画が成されました。慶長14年(1609)、徳川家康は義直を伴い縄張りを行い、慶長15年(1610)から名古屋城の築城工事が行われました。名古屋城は所謂、天下普請で行われ前田利光や加藤清正、黒田長政など西国大名を中心とする20家が工事を携わり大きな負担となりました。慶長17年(1612)に天守閣が完成し元和2年(1616)頃までに清洲城の城下にあった有力の神社、寺院、商人達が名古屋城の城下町に移され所謂、清洲越しと呼ばれました。以来、御三家筆頭の尾張徳川家の居城として17代続き明治維新を迎えています。名古屋城は本丸を中心に北西に御深井丸、南西に西ノ丸、南東に二ノ丸、二ノ丸の外側に三ノ丸を配した平城で、本丸には5層の天守閣と2層の小天守が設けられました。特に名古屋城の本丸御殿は壮麗を極め、京都の二条城と双璧と称されました。幕末では、尾張藩が比較的早くから新政府軍に恭順し、周辺の各藩の指導的立場を取った功績があり、又、名古屋城が壮麗だった事から、廃藩置県後も名古屋城は廃城ではなく保護対象となり、多くの建物が国宝(現在の重要文化財)に指定されました。昭和20年の名古屋大空襲により名古屋城も被災し大天守や小天守、書院、金の鯱など焼失し現在は南西隅櫓、東南隅櫓、西北隅櫓、表二ノ門、本丸御殿壁画などだけになりました。現在は大天守や小天守が再建し城内も名城公園として整備されています。名古屋城は日本三名城(江戸城・大坂城・名古屋城・姫路城・熊本城など諸説有り)に数えられ、城内は国特別史跡、二ノ丸庭園は国指定名勝に指定され、日本100名城に選定されています。
  スポンサーリンク
 
名古屋城
名古屋城
[ 付近地図: 愛知県 ]・[ 名古屋市 ]
名古屋城 名古屋城 名古屋城 名古屋城 名古屋城
名古屋城 名古屋城 名古屋城 名古屋城 名古屋城
大天守閣
大天守閣
大天守閣
小天守閣
小天守閣
小天守閣
西北隅櫓
西北隅櫓
西北隅櫓
東南隅櫓
東南隅櫓
東南隅櫓
南西隅櫓
南西隅櫓
南西隅櫓
正門
正門
正門
表二之門
表二之門
表二之門
東二之門
二之丸東二之門
二之丸東二之門
不明門
不明門
不明門
二之丸
二之丸
二之丸
二之丸庭園
二之丸庭園
二之丸庭園
南池
南池
南池
内堀
内堀
内堀
天守閣基礎
天守閣基礎石
天守閣基礎石
清正石
清正石
清正石
石棺式石室
石棺式石室
石棺式石室
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 愛知県観光・旅行見所ナビ:
名古屋市あま市刈谷市江南市清州市知立市北名古屋市津島市蟹江町西尾市豊川市豊橋市犬山市岡崎市一宮市足助町豊田市
蒲郡市新城市西尾市吉良町田原市
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県:歴史・観光・見所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。