岡崎市: 六所神社

  愛知県:歴史・観光・見所岡崎市・観光>六所神社
岡崎市・名所・見所
 ・ 安心院
 ・ 伊賀八幡宮
 ・ 岡崎城
 ・ 旧額田郡公会堂
 ・ 旧額田郡物産
 ・ 旧岡崎銀行本店
 ・ 弘正寺
 ・ 昌光律寺
 ・ 松応寺
 ・ 松平氏能見城跡
 ・ 浄瑠璃寺
 ・ 新田白山神社
 ・ 随念寺
 ・ 成就院
 ・ 西岸寺
 ・ 西本願寺三河
 ・ 誓願寺
 ・ 大林寺
 ・ 東本願寺三河
 ・ 能見神明宮
 ・ 八丁味噌の郷
 ・ 明願寺
 ・ 真福寺
 ・ 龍城神社
 ・ 六所神社
 ・ 岩津天満宮
 ・ 信光明寺
 ・ 大樹寺
 ・ 滝山寺
 ・ 滝山東照宮
 ・ 天恩寺
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
六所神社(岡崎市)概要: 六所神社六所神社の創建は諸説あり一説には斎明天皇の御代(655〜661年)、天皇の勅願により塩釜神社(宮城県塩釜市)の六所大明神(塩釜神社の祭神6神のうち塩土老翁命・猿田彦命・事勝国勝長狭命の3神)の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。もう一説には永和3年(1377)に松平親氏が吉木山(現在の六所山)の山頂に塩釜神社の祭神である六所大明神の分霊(3神)を勧請し松平郷の六所神社を創建、永禄年間(1558〜1570)に徳川家康が松平郷の六所神社から分霊(3神)が勧請され岡崎の六所神社が創建されたと伝えられています。上記の説のその後は、桓武天皇の御代(781〜806年)に坂上田村麻呂が東夷東征の際、戦勝祈願に訪れ見事念願成就すると天皇から「六所大明神」の勅額を賜り社殿を再建しています。中世に入ると領主である松平氏から崇敬庇護され、天文11年(1542)に竹千代(後の徳川家康)が岡崎城で生まれると産土神に感謝の意から参拝に訪れています。慶長7年(1602)には徳川家康が社領62石7斗が寄進、慶長9年(1604)には社殿の造営と社宝の奉納が行われています。江戸時代に入ると幕府から庇護され、寛永11年(1634)には3代将軍徳川家光が上洛の際、岡崎城に宿泊し、祖父家康(東照大権現)の誕生縁の地であった事から崇敬社として岡崎城から六所神社を遥拝し、当時の岡崎城の城主本多忠利に命じて社殿を造営させ社領100石を寄進しています。社殿は棟梁藤原長次が手懸けたもので本殿、幣殿、拝殿が一体となっている権現造り、本殿は黒漆を主体として随所に精緻な彫刻が施され極彩色で彩る格式の高い建物になっています。寛文2年(1662)には4代将軍徳川家綱は金子千両を寄進し、貞享5年(1688)には楼門(神社山門)が造営されています。明治時代初頭に発令された神仏分離令後に県社に列し、明治43年(1910)に周辺の多くの神社と合祀した事を受けて社号を「高宮神社」に改称、大正11年(1922)に現在の社号である「六所神社」に復しています。祭神:塩土老翁命、猿田彦命、衝立船戸命、太田命、興玉命、事勝国勝長狭命など。

六所神社の国指定重要文化財
 ・ 本殿−寛永11〜13年−三間社流造、檜皮葺、附:厨子(6基)、軒札(6枚)
 ・ 幣殿−寛永11〜13年−両下造、檜皮葺、桁行2間、梁間2間
 ・ 拝殿−寛永11〜13年−入母屋、檜皮葺、桁行5間、梁間3間、唐破風向拝付
 ・ 神供所−寛永11〜13年−入母屋、檜皮葺、桁行5間、梁間2間
 ・ 楼門(神社山門)−貞享5年−入母屋、檜皮葺、三間一戸、八脚楼門

六所神社の文化財
 ・ 絵馬群(楠公父子桜井駅別れ図・算額・など)−岡崎市指定有形民俗文化財

六所神社
六所神社
[ 付近地図: 愛知県岡崎市 ]・[ 岡崎市:歴史・観光・見所 ]
六所神社 六所神社 六所神社 六所神社 六所神社
六所神社 六所神社 六所神社 六所神社 六所神社
六所神社 六所神社 六所神社 六所神社 六所神社
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県:歴史・観光・見所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。