名古屋市: 万松寺

  愛知県:歴史・観光・見所名古屋市・観光>万松寺

万松寺
万松寺
[ 付近地図: 愛知県名古屋市 ]・[ 名古屋市:歴史・観光・見所 ]
万松寺 万松寺 万松寺 万松寺
概要・歴史・観光・見所
万松寺概要: 万松寺の創建は天文9年(1540)、当時の古渡城の城主織田信秀が開基となり大雲永瑞和尚(雲興寺8世:信秀の叔父)を招いて開山したのが始まりとされます。天文20年(1551)信秀が末森城で死去すると、万松寺で葬儀が行われ、嫡男である織田信長が抹香を仏前に投げつけた逸話が残っています。信秀を継いだ信長も篤く庇護し、元亀元年(1570)に行われた朝倉氏遠征の際、鉄砲玉に被弾しましたが運良く無傷だった為、当寺の不動明王が身代わりになったと伝えられています。又、竹千代(後の徳川家康)が織田方の人質時代に当寺で過ごしたとされています。当初は那古野城の南側に広大な境内を領していましたが、慶長15年(1610)に名古屋城を築く際に現在地に移され、加藤清正の宿所として利用されています。江戸時代に入ると尾張藩から庇護され初代藩主徳川義直の正室高源院が当寺に葬られ霊廟(戦後、名古屋東照宮に移築され名古屋東照宮の本殿となっています。名古屋市指定文化財)が造営されています。昭和20年(1945)の名古屋大空襲により被災し多くの堂宇が焼失し現在地は商店街に溶け込むように佇んでいます。
住宅設計案内

 名古屋市観光・旅行見所ナビ:
荒子観音寺荒子城大須観音末森城万松寺興正寺大高城瑞泉寺相応寺大龍寺栄国寺建中寺高顕寺春江院総見寺
西本願寺別院東本願寺別院東輪寺日泰寺城山八幡宮神明社名古屋東照宮那古野神社日置神社熱田神宮富部神社松楓閣
桜神明社・古墳伊藤家住宅岡家住宅川上貞奴邸豊田佐助邸春田鉄次郎邸主税町長屋門小塚家住宅竹田家住宅中濱家住宅憧木館
岡谷家住宅服部家住宅萬乗醸造主税町教会テレビ塔愛知県庁舎旧加藤商会ビル旧愛知病院正門名古屋市市政資料館名古屋城
名古屋市役所本庁舎伴華楼三賞亭白雲橋揚輝荘北庭園鶴舞公園蓮左文庫八幡山古墳古渡城鷲津砦奉安塔名古屋市・四間道
名古屋市・白壁・主税・橦木名古屋市・中小田井名古屋市・有松宿
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。