岡崎市: 安心院

  愛知県:歴史・観光・見所岡崎市・観光>安心院

安心院
安心院
[ 付近地図: 愛知県 ]・[ 岡崎市 ]
安心院 安心院 安心院 安心院
概要・歴史・観光・見所
安心院概要: 安心院の創建は寿永年間(1182〜83)、源義経が浄瑠璃姫の菩提を弔う為開いたのが始まりと伝えられています。当初は妙大寺と称し境内には七堂伽藍が建ち並ぶ大寺として名を馳せましたが度重なる兵火の為、衰退し、義経の持仏で浄瑠璃姫が賜ったと伝わる十一面観世音菩薩坐像を安置する草庵となりました。永享11年(1439)、六名影山城の城主成瀬国平が母親の追善供養の為、龍澤永源禅師を招き改めて開山しています。寺宝である木造釈迦如来像(岡崎市指定文化財)は文安5年(1448)頃に製作されたもので像高32.8cm、寄木造、玉眼、漆塗、安心院の堂宇が完成後に安置されたと推定されています。又、境内には寛政5年(1793)に当時の岡崎藩主本多忠顕が人丸神社(島根県浜田市)より取り寄せた芭蕉句碑があります。三河三十三観音八番札所。三河新四国二十九番・三十番札所。岡崎三十六地蔵三十二番札所。
住宅設計案内

 岡崎市観光・旅行見所ナビ:
安心院伊賀八幡宮岡崎城旧額田郡公会堂旧額田郡物産陳列所旧岡崎銀行本店弘正寺昌光律寺松応寺松平氏能見城跡浄瑠璃寺
新田白山神社随念寺成就院西岸寺西本願寺三河別院誓願寺大林寺東本願寺三河別院能見神明宮八丁味噌の郷明願寺真福寺
龍城神社六所神社岩津天満宮信光明寺大樹寺滝山寺滝山東照宮天恩寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。