豊田市: 桜城

  愛知県:歴史・観光・見所豊田市・観光>桜城

桜城
桜城
[ 付近地図: 愛知県豊田市 ]・[ 豊田市:歴史・観光・見所 ]
桜城 桜城 桜城 桜城
概要・歴史・観光・見所
桜城概要: 桜城の築城は慶長19年(1614)、新たに挙母藩を立藩した三宅康貞によって築かれたのが始まりとされます。挙母藩は1万石だった為、三宅家は所謂城主格ではなく陣屋構えの小規模なものでしたが周辺に多くの桜が植えられたことで桜城と呼ばれるようになりました。元和5年(1619)、2代康信が伊勢亀山藩へ移封になり挙母藩は廃藩、陣屋も破棄されます。寛永13年(1636)に3代康盛が再び挙母藩主に復権、しかし、寛文4年(1664)、4代康勝が田原藩(愛知県田原市)に移封となり陣屋も廃されます。天和元年(1681)、石川藩から本多忠利が1万石で入封、本多家も城主格でなかった為、陣屋をこの地に構え、寛延2年(1749)に3代忠央が相良藩(静岡県牧之原市)に移封になると安中藩(群馬県安中市)から内藤政苗が入封しました。内藤氏は2万石ながら城主格だった為、本格的な城郭が計画され周囲400間、本丸には3重櫓、二ノ丸には2重櫓の石垣などか建設されますが度重なる水害の為、安永8年(1779)、2代学文はこの地での築城を諦め、高台に七州城を築き桜城は廃城となります。現在隅櫓の石垣のみが奇跡的に残り昭和47年に豊田市指定史跡に指定されています。
住宅設計案内

 豊田市観光・旅行見所ナビ:
猿投神社王滝渓谷(東海の昇仙峡)旧養蚕取締所旧三河広瀬駅旧西中金駅高月院桜城産湯井戸寺部城七州城守綱寺松平館
松平城松平東照宮松本家長屋門長慶寺洞泉寺如意寺妙昌寺又日亭六所神社六所神社舞台
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。