刈谷市: 椎の木屋敷跡

  愛知県:歴史・観光・見所刈谷市・観光>椎の木屋敷跡

椎の木屋敷跡
椎の木屋敷跡
[ 付近地図: 愛知県刈谷市 ]・[ 刈谷市:歴史・観光・見所 ]
椎の木屋敷跡 椎の木屋敷跡 椎の木屋敷跡 椎の木屋敷跡
椎の木屋敷跡 椎の木屋敷跡 椎の木屋敷跡 椎の木屋敷跡
概要・歴史・観光・見所
椎の木屋敷跡概要: この地は戦国時代、刈谷城の城主水野忠政の娘、於大の屋敷跡と云われています。於大は当時の岡崎城の城主松平広忠と結婚し天文12年(1543)には竹千代(後の徳川家康)を授かりますが政略により離別させられ、再婚相手である久松俊勝に嫁ぐまでこの屋敷で暮らしたそうです。周囲には椎の木が多く茂っていたことから椎の木屋敷と呼ばれるようになっていましたが江戸時代に入ると屋敷も荒廃し、誰からとなく霊地と信仰され一般者は立ち入り禁止となり五輪塔や地蔵尊などが建立されました。現在は大部分が宅地造成され面影が無くなりましたが、その1部が公園として整備され於大の方の旧跡として保存されました。
住宅設計案内

 刈谷市観光・旅行見所ナビ:
刈谷城願行寺亀城小学校旧本館札の辻市原稲荷神社十念寺重原陣屋浄福寺西福寺椎の木屋敷跡福島領の碑密蔵院楞厳寺
野田八幡宮
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。