足助町: 十王寺

  愛知県:歴史・観光・見所足助町・観光>十王寺

十王寺
十王寺
[ 付近地図: 愛知県足助町 ]・[ 足助町:歴史・観光・見所 ]
概要・歴史・観光・見所
十王寺概要: 十王寺十王寺の創建は寛永年間(1624〜45)、鈴木正三和尚により開かれたのが始まりとされます。正三は則定城の城主鈴木重次の長男として生まれ江戸時代初頭には徳川家の旗本として大坂の陣でも功をあげましたが、その後出家しました。正三は仏教を広く布教させる為、仮名草紙本を考案し庶民にも分かり易く教え日常生活にも浸透させ、近世文学の基になったとも云われています。寺宝が多く明治時代初頭に発令された神仏分離令により足助八幡宮の神宮寺より移された木造薬師如来像(鎌倉時代末期:像高90cm)の他、木造阿弥陀如来像(またたき如来:室町時代)、木造十王像(江戸時代初期)が豊田市指定文化財に指定されています。
 足助町観光・旅行見所ナビ:
お釜稲荷観音寺慶安寺香積寺香嵐渓宗恩寺十王寺足助城足助神社足助陣屋足助中馬館足助八幡宮大観音城大鷲院
道標飯森山城不動明王普光寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。