足助町: 飯森山城

  愛知県:歴史・観光・見所足助町・観光>飯森山城

飯森山城
飯森山城
[ 付近地図: 愛知県足助町 ]・[ 足助町:歴史・観光・見所 ]
概要・歴史・観光・見所
飯森山城概要: 飯森山城飯森山城は治承年間(1177〜80)、足助重長によって築かれたのが始まりとされます。足助氏は飯森山城と中心に足助七城と呼ばれる足助城、臼木ヶ峯城、大観音城、城山城、 成瀬城、黍生城を周辺に築き大きな影響力を持つようになります。特に足助重範は後醍醐天皇に従い笠置山(京都)篭城軍3千人の総大将として名を馳せました。足助氏が衰退すると鈴木氏が台頭し飯森山城と足助城を本城として整備されます。大永5年(1525)、松平清康の侵攻により降伏しましたが、その後独立、しかし永禄7年(1564)に松平家康により攻略され以後、松平(徳川)家に従属するようになります。元亀2年(1571)、武田信玄の三河侵攻により飯森山城は落城し、当時の城主重直は家康の元に逃げ延びています。長篠の戦で武田勝頼が織田、徳川連合軍に敗退すると武田家は急速に衰退し、天正元年(1573)、徳川信康が足助城を攻略し再び鈴木氏が城主として復権します。天文18年(1590)、家康が関東に移封になると鈴木氏も随行し足助城は廃城となります。城は飯盛山山頂付近に築かれた中世の山城で、頂部には本丸を中心に二ノ丸、三ノ丸が設けられ主要部には土塁、矢場、空堀が設置、鈴木氏の菩提寺である香積寺付近には城主の居館がありました。飯森山城跡は愛知県指定史跡に指定されています。
住宅設計案内

 足助町観光・旅行見所ナビ:
お釜稲荷観音寺慶安寺香積寺香嵐渓宗恩寺十王寺足助城足助神社足助陣屋足助中馬館足助八幡宮大観音城大鷲院
道標飯森山城不動明王普光寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。