豊橋市: 全久院

  愛知県:歴史・観光・見所豊橋市・観光>全久院

全久院
全久院
[ 付近地図: 愛知県豊橋市 ]・[ 豊橋市:歴史・観光・見所 ]
全久院 全久院 全久院 全久院
概要・歴史・観光・見所
全久院概要: 全久院の創建は永正11年(1514)、当時の二連木城の城主戸田憲光が父親である戸田全久の菩提を弔う為、克補契嶷を招き開いたのが始まりとされます。戸田家歴代の菩提寺として戸田家の城下町に随行し康光は牛久保城に移ると天文15年(1546)に牛久保へ移り、天正18年(1590)に徳川家康が関東へ移封になると現在地に移転、元和3年(1617)に戸田(松平)康長が松本藩(長野県松本市)に移封になると松本城の城下町に改めて全久院を開いています。この事で松本全久院は泉龍院(新城市)の末寺となり当全久院は松本全久院の末寺となります。明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後の廃仏毀釈運動により松本全久院が廃寺となり、什宝や古文書、寺宝などが当全久院に移されています。寺宝である正法眼蔵は寛喜3年(1231)から建長5年(1253)に永平寺(福井県永平寺町)などで記された法語集で、道元の自筆とされ昭和24年に国指定重要文化財に指定されています。宝慶記は道元が宋に在住した3年間、天童如浄禅師との間で取り交わされた問答集(現存は写本)で同じく国指定重要文化財、羅漢供養式稿本残巻は道元自筆の紙本墨書で同じく国指定重要文化財に指定されています。
住宅設計案内

 豊橋市観光・旅行見所ナビ:
羽田八幡宮吉田城吉田神社旧羽田野家住宅神宮寺西光寺全久院東田神明宮豊橋ハリストス正教会豊橋市公会堂豊橋神明社
湊神明社湊築島弁天社龍拈寺臨済寺関屋石巻神社奥宮石巻神社里宮赤岩寺東観音寺二川宿二川宿本陣普門寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。