名古屋市: 総見寺

  愛知県:歴史・観光・見所名古屋市・観光>総見寺

総見寺
総見寺
[ 付近地図: 愛知県名古屋市 ]・[ 名古屋市:歴史・観光・見所 ]
概要・歴史・観光・見所
総見寺概要: 総見寺総見寺の創建は不詳ですが当時は伊勢国大島村にあり西明寺と称していました。元弘2年(1332)虎關師錬が神賛寺に寺号を改称、その後、後醍醐天皇の勅願寺となり、さらに足利尊氏が全国の各国毎に設置した安国寺となりました。天正11年(1583)、伊勢長島の領主だった織田信雄が本能寺の変で自害した織田信長の追善の為、清洲に移封後に忠嶽を招き安国寺を再興、寺号を総見寺に改めています。寺号の総見寺は信長が安土城(滋賀県近江八幡市安土町)を築いた際、場内に設けた織田家の菩提寺ハ見寺に因んだもので織田一族の領内には同様の寺院が建立されています。慶長16年(1611)、名古屋城が新たに築城されると清洲城が廃城となり城下にあった有力神社、寺院、商家などが名古屋に移され総見寺も名古屋南寺町に移されます。江戸時代は尾張藩から庇護され、寛永7年(1630)に火災により焼失すると初代藩主徳川義直が家老成瀬正虎に命じて堂宇を再建し、最盛期には境内は約3万uに及び塔頭12ヶ寺が軒を並べました。寺宝には織田家縁の品々が多く、織田信長公画像、旧清洲城障壁画、伝虎関師練頂相など9点が愛知県指定文化財に指定されています。
住宅設計案内

 名古屋市観光・旅行見所ナビ:
荒子観音寺荒子城大須観音末森城万松寺興正寺大高城瑞泉寺相応寺大龍寺栄国寺建中寺高顕寺春江院総見寺
西本願寺別院東本願寺別院東輪寺日泰寺城山八幡宮神明社名古屋東照宮那古野神社日置神社熱田神宮富部神社松楓閣
桜神明社・古墳伊藤家住宅岡家住宅川上貞奴邸豊田佐助邸春田鉄次郎邸主税町長屋門小塚家住宅竹田家住宅中濱家住宅憧木館
岡谷家住宅服部家住宅萬乗醸造主税町教会テレビ塔愛知県庁舎旧加藤商会ビル旧愛知病院正門名古屋市市政資料館名古屋城
名古屋市役所本庁舎伴華楼三賞亭白雲橋揚輝荘北庭園鶴舞公園蓮左文庫八幡山古墳古渡城鷲津砦奉安塔名古屋市・四間道
名古屋市・白壁・主税・橦木名古屋市・中小田井名古屋市・有松宿
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「愛知県歴史観光案内所」は「愛知県の歴史」、「郷土資料辞典−愛知県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。